初夏の富山.10 黒部峡谷パノラマ展望ツアーの全貌

欅平駅のホームに集まったツアー参加者は15名。山ガール2人連れ、中高年の夫婦3組、高齢の夫婦1組、1人参加の男性数人、そして私達3人というメンバーでした。
f0032812_1612578.jpg

欅平駅から、竪坑エレベーター入り口までは、関西電力専用軌道を走るED凸型機関車に乗車します。戦前の昭和10年前後から使用されているとのこと。運転席が横向きになっていて、運転士は顔を進行方向に向けて運転するのが珍しいとのことで、ガイドさんは何度も強調されていました。
f0032812_164583.jpg

トンネル内を約580m走って竪坑エレベーター駅に到着。
f0032812_167303.jpg

こちらが竪坑エレベーター。昭和14年完成とのこと。このエレベーターは、黒部川第三発電所の取水ダムである仙人谷ダム建設のために作られた輸送ルートの一部。このエレベーター付近の河川勾配が1/24と急のため、欅平から鉄道を延ばすことができなかったため、山の山腹を垂直に貫いて建設されました。高さが200mあり、建設当時は世界一といわれていました。(パンフレットから)
f0032812_16105586.jpg

エレベーターの内部に案内板があります。200mというのは、50階の高層ビルに相当する高さとか!
f0032812_16134115.jpg

竪坑展望台で小休止。奥鐘山と白馬鑓ヶ岳、天狗ノ頭。快晴のため視界良好で素晴らしい。
f0032812_16164452.jpg

右手には鹿島槍ヶ岳。
f0032812_16191438.jpg

上部トンネル内を約250m程歩いて上部トンネル出口広場へ。
f0032812_16215971.jpg

ここからの景色は・・・、
f0032812_16225954.jpg

絶景です。山登りには最高の天気。しみじみ来て良かったと思う瞬間。
f0032812_1625353.jpg

唐松岳にズームインしてみました。
f0032812_16292636.jpg

上部トンネル出口広場からパノラマ展望台までは311m、時間にして約15分の登山となります。短い距離ですが、黒部峡谷下の廊下を体感できます。距離的に短いので、誰でも登れるコースですが、割と本格的な山道でした。広場から60mほどで、欅平駅まで下る水平歩道との分岐点を通過します。ここで、ツアーから離れて自力で下山してもよいとのことです。急な勾配で上級者向きとのこと。
f0032812_16344762.jpg

無事、パノラマ展望台に到着!この広場からは、奥鐘山、不帰嶮、名剣山、サンナビキ山、毛勝三山、唐松岳や鹿島槍ヶ岳等の後立山連峰を360度のパノラマで体感できます。(パンフより)
関西電力の施設を利用したから簡単に上ってくることができたけれど、普通に登山して来るとかなりの時間がかかるようです。
f0032812_1637124.jpg

冠雪の猫又山、釜谷山、毛勝山。毛勝三山は、下の広場からは見えませんでした。
f0032812_16424157.jpg

右が奥鐘山。その左奥には唐松岳。
f0032812_16463192.jpg

午前中なので雲も少なく、クリアーな視界。
f0032812_16521964.jpg

上部トンネルまで戻ってきました。気温は11度ということで、地上との気温差10度以上。ひんやり涼しい。
f0032812_16542578.jpg

欅平上部駅で上部専用鉄道について説明がありました。上部専用鉄道は、昭和14年に黒部川第三発電所(仙人ダム)の建設資材搬送用として建設されたもので、長さは約6.5kmです。ほとんどがトンネルで素掘り箇所が多くなっており、資材搬送用の目的のためトンネルの内径も小さくなっています。阿曽原から仙人谷までの約500mは約150度の高熱地帯となっており、高温のもとでの作業に加え爆薬の自然発火などで、我が国のトンネル工事史上に残る難工事だったとのこと。工事の様子は、高熱隧道という小説に詳しく描かれています。
高熱地帯(現在では40度)を通過するため、耐熱式客車が利用されているそうです。実際にその車両も見学しましたが、車両は小さく窓がしっかりした造りで、息苦しくなりそうな雰囲気でした。
f0032812_16564199.jpg

現在、上部専用鉄道は、関西電力の保守・工事用として使用されていますが、水力発電事業を理解していただくため、「黒部ルート見学会」が5月~10月の平日に34回開催されていて、抽選で申し込むことができるとのこと!!!こんな鉄道があるなんて初めて知りました。高熱地帯の通過とか、すっごくワクワクします。しかも、地図上ではつながっていない、黒部峡谷と黒部ダムの間を電車で移動できるなんて、信じられない真実です。
上部専用鉄道の乗車時間は、黒部川第四発電所までが32分、その後、インクラインで20分、作廊谷からは黒部トンネル内専用バスで40分となります。
これは、是非とも、申し込むべし、ということで申込用紙を駅でゲットしました。
f0032812_17185644.jpg

竪坑エレベーターを使って竪坑エレベータ―下部駅まで下り、関西電力専用軌道を使って欅平駅まで戻ってきました。
f0032812_1723586.jpg

欅平駅で冬季歩道を見学。これは、黒部峡谷鉄道が運休となる冬季に、保守点検等のために歩いて施設に向かう作業員のためのもの。なんと、片道6時間かかるとか・・・。夏でもひんやり涼しいのに、冬はどんな感じなのでしょうか。すさまじい労働環境です。
黒部川水系の発電設備とその建設の歴史について体感できるツアーで、素晴らしい内容でした。
[PR]
by sayaya1234 | 2016-06-25 23:31 | 富山 Jun'16 | Comments(0)


旅の記録&日々の暮らし


by sayaya1234

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
日々の暮らし
ハワイ Des'17
バリ旅 May'17
バリ旅 Des'16 
バリ旅 May'16
バリ旅 Des'15
バリ旅 May'15
バリ旅 Des'14
バリ旅 Jul'13
バリ旅 Oct'09
バリ旅 Sep'08
バリ旅 May'04
バリ旅 Jul'05
バリ旅 '98~'02
シンガポール Des'13
シンガポール Des'10
グアム Feb'12
グアム Sep'10
グアム Feb'10
メキシコ Sep'03
ポートダグラス Feb'05
ケアンズ Mar'02
イタリア Des'07
沖縄 Jul'14
沖縄 Apr'14
沖縄 Jan'13
沖縄 Jul'12
沖縄 Jun'12
沖縄 Jul'11
沖縄 Apr'11
沖縄 Jul'10
北海道 Jul'18
立山黒部アルペンルート Jun'18
宮崎 May'18
信州・高山 Jun'17
軽井沢 Oct'17
軽井沢 Oct'16
軽井沢 Oct'14
軽井沢 Oct'13
軽井沢 Nov'11
雪の青森 Feb'18
青森 Jul'17
青森 Jul'16
富山 Jun'16
東北 Aug'15
由布院 Nov'12
北海道 Jul'12
熊本旅 Des'11
長野旅 Sep'11
日光・鬼怒川 may'11
未分類

タグ

(40)
(27)
(25)
(24)
(24)
(23)
(18)
(9)
(9)
(8)
(5)
(1)

お気に入りブログ

ぴっから~
バリ島大好き
続*はるるん

最新のコメント

ゆっくりの旅、良いですね..
by umi_bari at 10:01
アラックさん こんばん..
by sayaya1234 at 21:50
旅は良いですね、楽しいで..
by umi_bari at 13:44
たーぼさん ご無沙汰し..
by sayaya1234 at 20:30
アラックさん こんばん..
by sayaya1234 at 20:26
さやさん、お久しぶりです..
by たーぼ at 09:16
梅雨時ですが、初夏を思わ..
by umi_bari at 21:35
アラックさん こんばん..
by sayaya1234 at 19:34
歴史と近代に自然、素晴ら..
by umi_bari at 12:21
アラックさん おはよう..
by sayaya1234 at 10:34

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
沖縄諸島

画像一覧