年末年始のバリ.21 サヌールday2 朝のジョギングとBobbysでソトアサ

サヌールで迎える朝。
f0032812_12230820.jpg
バルコニーから。曇り。日差しがないので、ジョギング日和。
f0032812_12241328.jpg
海岸の散歩道を北上。
f0032812_12255174.jpg
グリヤサントリアンまで走ってきました。ビーチのチェアがふかふかの仕様に変わってた。あと、朝食レストランとかビーチサイドのカフェも少しバージョンアップしていて、リゾート感アップ。また、泊まりたいなー。
f0032812_12280989.jpg
そして、こちら、満を持してソフトオープン中のハイアットリージェンシー。プールからのビューとか前と同じ。端正にはなったけれど、昔の良さはそのまま生かしている。
f0032812_12304167.jpg
昔はなかったけれど、ビーチサイドにオープンな造りのバーがオープンしていた。ナチュラルな雰囲気で好きかも。
f0032812_12325419.jpg
ホテルの通路。昔よりもすっきり。インテリアはクラシックで好き落ち着く雰囲気。変にモダンにならなくてほんと良かった。
f0032812_12345897.jpg
朝食棟は敷地中央に別途オープン。池の中に浮かんでいる風。先日訪問した、グヌンカウイスバトウ寺院に似ている。
f0032812_12373930.jpg
ロビーからは落ち着いた雰囲気の池ビュー。
客室棟は前とほぼ同じで、インテリアを一新したようです。
f0032812_12393951.jpg
ホテルまで南下してきて、ビーチカフェのBobbysで朝食。
f0032812_12420640.jpg
小雨が降っていたので陸側のテーブルへ。ほぼ貸し切り。ちなみに、さらに南にメルキュールという仏系リゾートがありそこのビーチにあるGeniusというカフェは結構賑わっていました。
f0032812_12454224.jpg
フレッシュマンゴージュース。冷え冷えのマンゴーをミキサーにかけたもの。まさに絞りたてでまったりしていてかなりおいしい。
紅茶とフレッシュフルーツ。完熟で甘いパパイヤ、スイカとパイナップル。
f0032812_12474277.jpg
メインはナシゴレンにしました。熱々のナシゴレンはしっかりと味の付いたしょうゆ味野菜もたっぷり。半熟の目玉焼きも嬉しい。
紅茶もついて約60kのセットメニュー。
蚊に刺された以外にはとても満足しました。

# by sayaya1234 | 2019-02-16 12:50 | バリ旅 Des.18 | Comments(1)

年末年始のバリ.20 サヌール day1 リラパンタイでランチ

チェックインしてから、15時過ぎに遅いランチ。お気に入りのリラパンタイへ。
海岸沿いの散歩道を北上。bobbysなど、ローカル経営のカフェが3軒続き、プリサントリアン。
プリサントリアンはちょっとビーチエリアがごちゃごちゃしている印象。大きい木が影をつくり暗い。やはり、グリヤサントリアンのほうがビーチの雰囲気は好きかな。
プリサントリアンをすぎると500m程ホテルが途切れます。
f0032812_11410408.jpg
これは南下してきた方向ですが、陸側はトタン壁。海側にローカルな海の家が並びます。ここが、ほんの500mなのですが雰囲気あまり良くない。昼間は問題ないけれど、暗くなってくると海の家もクローズしてしまうので、通り難い雰囲気に。むしろ、ビーチの砂の上を歩いた方が良いかな。歩きにくいけれど。
陸側の建築中のリゾートがオープンすれば問題はすべて解決するかと思います。
クスマサリ通りの近くまで来ると雰囲気が明るくなります。ここから北、リージェントからハイアットの間はずらりとツーリスト用のカフェが並びとても賑やか。
f0032812_11262162.jpg
懐かしのリラパンタイ。
f0032812_11520106.jpg
ビーチ側のテーブルへ。午後から曇りがちで暑い日。日差しがないので屋外席へ。
f0032812_11533200.jpg
フローズンミント。抹茶みたいな鮮やかグリーンのミントと爽やかライムのフローズン。相変わらず美味。
f0032812_11550511.jpg
ズッキーニとルッコラ、マッシュルーム、モッツアレラ入りのパニーニ。サラダ添え。
これも熱々ので具だくさん、チーズたっぷりでおいしいー。
トータル78kでした。
f0032812_12004810.jpg
ホテルに戻り、お部屋の移動をしてから遅い夕食。Cemara通りを東へ。呼び込みしていた某レストランへ。
ストリートビューのテーブル。
f0032812_12053082.jpg
軽くソトアヤム。具だくさんで味は良い。ドリンクはレモンスカッシュ。
トータル133k。コストパフォーマンス悪い。

# by sayaya1234 | 2019-02-16 12:17 | ハワイ Des'17 | Comments(1)

年末年始のバリ.19 Prama Sanur Beach Bali ビーチとプール

プラマサヌールはサヌールの南側、プリサントリアンとメルキュールの間にあります。
f0032812_21315452.jpg
サヌールの海岸沿いの散歩道から。界隈では、ハイアットに次いで長いビーチを有しています。
f0032812_21355535.jpg
ビーチエリアは広くてチェアも十分。とはいえ、かつてのハイアットのように、お昼近くになるとほぼ埋まってしまいます。
f0032812_21381873.jpg
明るく解放感があります。
f0032812_21395295.jpg
黄金色の砂浜。透明度はまずまずです。
f0032812_21412573.jpg
ビーチビューのバンブーバー。
f0032812_21422243.jpg
ひょうたん型のメインプール。
f0032812_21440873.jpg
リゾート感もあって、中級ホテルとしては十分すぎるプール。
f0032812_21453055.jpg
プールサイドのパラソルとチェアは11時頃にはほぼ埋まってしまいます。
f0032812_21472628.jpg
広々としたプールで泳ぐのがとても楽しい。
f0032812_21483628.jpg
滞在中、かなりの時間をプールサイドで過ごしました。
f0032812_22000053.jpg
プールサイドでフレッシュいちごジュース。
f0032812_21523195.jpg
ホテルの中庭。植栽が綺麗。
f0032812_21535641.jpg
本館、デラックス棟、クラブ棟とあって、それぞれ広い庭に囲まれ解放感がある造りです。
自然が一杯で、静かなのでのんびりリゾートするにはぴったりのホテルです。

# by sayaya1234 | 2019-02-10 22:02 | バリ旅 Des.18 | Comments(0)

年末年始のバリ.18 Prama Sanur Beach Bali プラマサヌールビーチバリにチェックイン

ウブドから1時間ほど、サヌール近辺で若干の渋滞もありつつ2時前にサヌールに到着。ソフトオープンしたばかりのハイアットリージェンシーよりさらに南、マッシモやプリサントリアンも通過して、サヌールの南の端に近い、Prama Sanurにチェックイン。
f0032812_16562656.jpg
プラマサヌールの入り口。
f0032812_16570931.jpg
レセプションに至る車道。右側は駐車場。大規模リゾートらしい雰囲気。手入れが行き届いていて好印象。
車を降りるとベルスタッフが手際よく誘導してくれる。チェックインの手続きをしてから、ロビーの椅子に座ってウェルカムドリンク。柑橘系の生絞りのジュースで美味。ロビーはシティホテルみたいな雰囲気。リゾート感とか豪華さはないけれど、インドネシア資本のホテルとしてきちんとした印象。この、真面目できちんとしているということが、このホテルの特徴かも。とにかく、スタッフも真面目で親切。外資系にはない独特の雰囲気を感じた。インドネシアの誇りというか、インドネシアの真髄を感じるホテルだった。
f0032812_17071187.jpg
正面玄関。
f0032812_17083245.jpg
庭の大木が歴史を感じさせる。
f0032812_17095835.jpg
お部屋はデラックスシービュー。デラックス棟はレセプションのある本館から海に向かって左側の建物。渡り廊下でつながっている。中庭を囲んで4階建ての建物。
f0032812_17124819.jpg
内装。なんだか懐かしい雰囲気。広さ十分。壁、天井ともにリニューアルしたらしく綺麗。モダンではないけれど、家具が重厚できちんとしている。
f0032812_17141815.jpg
こちらも、清潔感あり。
f0032812_17155268.jpg
シャワールーム。
f0032812_17180356.jpg
アメニティ。シャンプー、リンスもちゃんとした品質。歯ブラシセット、コットン、綿棒、シャワーキャップと、一通り揃っている。
f0032812_17214467.jpg
室内にシッテイングエリアがあるのも良い。
f0032812_17232510.jpg
バルコニーからの景色。まさしく、シービュー。プール越しの海って理想的なビュー。
f0032812_17270149.jpg
バルコニーは割と広くて、イス2脚とミニテーブル、物干しあり。柵になっているので座っても景色がみえる。
f0032812_17291024.jpg
早朝。
f0032812_17300823.jpg
夕方。
f0032812_17312687.jpg
晴れた日のお昼。
このバルコニー、最高でした。
実は、最初に通されたのが2階のお部屋で、状態はとても良いお部屋だったけれど、バルコニーの柵に木が生い茂っていて、椅子に座ると空しか見えないお部屋でした。雨季でプールにずっといられないことも想定されるので、なるべく景色の良い部屋が良いなと思って、レセプションで部屋のチェンジを交渉。紆余曲折があって漸くこのお部屋に落ち着きました。ここに至るまで長かった。
というのは、最初1階のお部屋ならといわれて、そのお部屋を見せてもらったら、プールが近くて海も見えてとても気に入ったのでokしたのです。で、レセプションに行って確定しようとすると、別のスタッフがもっと良いお部屋がありますよと。そちらは、3階でプールの正面側で素晴らしい景色でした。もちろんokということで、手続きを依頼。しばらく時間がかかるので部屋で待機をしてほしいと言われ待っていると、電話がかかってきて、さっきのお部屋は手違いで他のゲストに確定していましたと言うのです。がっかりです。
それで、最終的に4階のこのお部屋になりました。お掃除が入るということで入室したのは19時回っていました。その間、プールに行ったり食事にいったりしたので時間的に大層なロスがあったわけではありません。
シービューのバルコニーはとても快適ななので、次回宿泊する際も景色にはこだわりたいと思います。

# by sayaya1234 | 2019-01-31 12:42 | バリ旅 Des.18 | Comments(2)

年末年始のバリ.17 ウブド近郊の観光 ティルタエンプル寺院とグヌンカウイスバトウ寺院

本当はグヌンカウイ遺跡だけ見学してサヌールに向かう予定だったけれど、せっかくなので近くのスポットにも立ち寄ることにしました。まず、ティルタエンプル寺院へ。
f0032812_14414452.jpg
元旦で祝日ということもあり、国内のお客さんで大層混雑していました。
f0032812_14425968.jpg
とても人気があるようです。
f0032812_14482557.jpg
清らかな湧水。
あまりにも人が多過ぎて、ゆっくりできる雰囲気でもなかったのでさっさと退出。延々とお土産屋さんを通り抜けて駐車場へ。
駐車場は満車。ドライバーを見つけることができずに焦る。偶然にもtegal sariの制服を来たドライバーを発見し、電話で呼び出してもらった。ドライバーの名前を聞かれたけど、すっかり忘れていて。それでも、無事ドライバーを発見。良かったー。たまたまトイレに行っていたとか。
後で「僕の名前、忘れたんですか?」とか言われ、先程の会話が既に伝わっていたのに軽く驚く。tegal sariの連絡網恐るべし。
f0032812_14565242.jpg
グヌンカウイスバトウ寺院。先程の喧噪が嘘のように静かな寺院でした。
f0032812_14582183.jpg
鯉の泳ぐ池に東屋があって、ローカルのお客さんがのんびりくつろいでいる。
f0032812_15011861.jpg
バリ島で鯉の泳ぐ池は初めて。
f0032812_15032205.jpg
清らかな湧水。
f0032812_15042996.jpg
エメラルドグリーンが美しい。
f0032812_15053568.jpg
とても静かでこれぞ、山寺といった風情。
f0032812_15070779.jpg
沐浴場。
f0032812_15080264.jpg
ティルタエンプル寺院に比べて規模は小さいけれど、静かで趣があってかなり素敵な寺院でした。
3つの寺院を堪能して、ウブド往復3時間のチャーターとなりました。グヌンカウイ遺跡とグヌンカウイスバトウ寺院は初訪問となりましたが、バリ島の観光スポットとしては極上と感じました。

# by sayaya1234 | 2019-01-30 22:02 | バリ旅 Des.18 | Comments(0)

年末年始のバリ.16 ウブド近郊の観光 グヌンカウイ遺跡

元旦のウブド。天気、薄曇り。本日、ウブドからサヌールに移動します。
f0032812_13353363.jpg
ウブド最後の朝食はお気に入りのこの場所。プールサイドに運んでもらいました。
f0032812_13365902.jpg
田園とプールを眺めながらの朝食。静かな空間で最高に心地よい。
ミックスジュースとハムチーズ入りのジャッフル。
10時にチェックアウト。サヌールまでの定額の送迎サービスに1時間80kのオプションを付けて、ウブド近郊の観光に出発。
f0032812_13424211.jpg
美しい田園景観の広がる集落を抜けて北上。星野リゾートのエントランスも通過。グヌンカウイをめざします。
f0032812_13463530.jpg
駐車場に車を停めて、200m程並木道を歩く。
f0032812_13492888.jpg
割れ門のエントランス。
入場料をお支払い。確か50k。急に値上がりしたようです。
f0032812_13562893.jpg
こちらから、急な下り階段が延々と続きます。
f0032812_13580168.jpg
用水路。とても清らかな水でした。
f0032812_13592896.jpg
途中にいくつかカフェもあります。
f0032812_14004217.jpg
ビュースポットから棚田を望む。収穫後なのが残念。
f0032812_14024466.jpg
棚田の風景を眺めつつ下っていくと、石壁に囲まれた通路に。
f0032812_14041924.jpg
石壁をくりぬいた門を抜けると渓谷。
f0032812_14075367.jpg
渓谷を挟んで両側に遺跡があります。棚田を模したような石段の上に寺院。
f0032812_14094283.jpg
バリ最大の石窟遺跡なのだとか。マルマデワ王朝の王族のために11世紀に造られたそうです。
f0032812_14144089.jpg
対岸の寺院から遺跡を望む。
f0032812_14163792.jpg
渓流から橋を望む。
f0032812_14180001.jpg
源流に近いのでしょうかとても清らかです。ウブドで濁流しか見たことがなかったので驚きでした。
f0032812_14203548.jpg
寺院側の遺跡。
f0032812_14215848.jpg
寺院も見学できます。
f0032812_14272203.jpg
対岸の棚田を望む。
f0032812_14283027.jpg
寺院を周回している階段を上ってみました。
f0032812_14302286.jpg
小さい祠がありました。
f0032812_14311832.jpg
渓流に近づいてみるとすごく綺麗。渓流がきらきらして、その先に田園という風景。
f0032812_14323030.jpg
思いのほか満喫。帰りは延々と登り。

# by sayaya1234 | 2019-01-30 21:43 | バリ旅 Des.18 | Comments(0)

2018年末年始のバリ.15 ウブドday3 Cafe Des Artistes Ubudで大晦日のディナー

ウブド最後の夜は、ビスマ通りのカフェデアーテイスト。スパの帰りに立ち寄って予約しておきました。
f0032812_12562820.jpg
ジャランララヤウブドから坂道を上ってすぐのところ。予約した際は、外の席なら空いていると言われましたが、屋内の奥の席に通されました。
f0032812_13004949.jpg
グラスの赤ワイン。お水はサービス。
f0032812_13024009.jpg
装飾はクリスマス。店内はほぼ満席。
f0032812_13053866.jpg
前菜は大晦日の特別メニューから、ポータベラマッシュルーム。
巨大なしいたけにモッツアレラチーズ、トマトソース。
f0032812_13042369.jpg
メインはステーキディアン。濃厚なクリームソースがかかった赤身のステーキ。つけあわせに、ブロッコリーのグラタン。
f0032812_13090476.jpg
パンが品切れとかで、ポテトフライで良いかと聞かれたけれどポテトフライは要らないと伝えたら、サラダをつけてくれました。
ワインを飲んでまったり夕食。気づけば23時を過ぎたけれど、こちらは24時まで営業なのでお客さんもそこそこ残っている。
大晦日なので街中の賑わいもあって歩いても帰れそうだったけれど、ホテルに送迎をお願いした。送迎サービスの時間外だったけれど、お店の人が親切に交渉してくれて、バイクで来てくれることになった。バイクでの送迎は初めてで、びゅんびゅん飛ばすので無茶苦茶怖い。逆に歩いた方が怖くなかったかも。
とはいえハヌマン通りもデビシタ通りを過ぎた辺りは犬しかいなかったので、歩くのは無謀だったかな。寺院の辺りまで来るとゲストハウスも多いし、欧米人が固まって王宮方面に歩いたりしていたので、結果的には大丈夫だったかも。
時間外だったので、チップをお支払いしてお部屋へ。花火の音が賑やか。
ルーフトッププールに上がってみると、ニューイヤーを静かに待つゲストが数組。アットホームな雰囲気でウエルカムーな感じ。とはいえ、眠さのピークになったので時を待たずに退散。ニューイヤーが近づく程に激しくなる花火の音。ザザーッと、雨音のように降り注ぐ火の粉。
ニューイヤーが過ぎても余韻のように続く花火の音を聞きながら就寝。

# by sayaya1234 | 2019-01-30 21:40 | バリ旅 Des.18 | Comments(0)

2018年末年始のバリ.14 ウブドday3 プラダラム寺院でケチャックダンス鑑賞

f0032812_10253497.jpg
ウブド最後の夜、プラダラム寺院でケチャックダンスを鑑賞しました。
f0032812_10225250.jpg
ライトアップされて幻想的な雰囲気のプラダラム寺院。昼間は入場禁止になっています。
f0032812_10250111.jpg
屋外の舞台は工事中で屋内の会場でした。19時に会場に入って正面の座席は満席。階段状の座席にも既に座っている方がみえました。
欧米系の方が多い。
f0032812_11214385.jpg
火をつけていきます。
f0032812_10294150.jpg
本物の儀式のようで臨場感がある。
f0032812_11003818.jpg
本気の合唱、ハーモニーが素晴らしい。特に、貫禄のある長老格の掛け声と、集落のリーダーらしき方の気迫がすごい。その二人にリードされ、見事なハーモニー。これまで鑑賞したケチャックダンスとは全くの別物で本気度を感じた。
f0032812_11085703.jpg
ダンスはそれなりだけれど、とにかく、会場の雰囲気と合唱がよい。
f0032812_11103793.jpg
幻想的な雰囲気。
f0032812_11113016.jpg
最後にファイア―ダンス。
f0032812_11121967.jpg
会場が引く程の狂気の乱舞。
f0032812_11132985.jpg
聖水を浴びて正気に戻ります。
f0032812_11143446.jpg
素晴らしいケチャックダンスショーに感動。また、この本気の合唱を聞きたい。
f0032812_11155461.jpg
ライトアップされたubud water palaceを見学してから夕食へ。

# by sayaya1234 | 2019-01-27 11:17 | バリ旅 Des.18 | Comments(2)

2018年末年始のバリ.13 ウブドday3 Karsa SpaでIntuitive Heart Massage

前回は予約の取れなかったKarsa Spa。今回は1か月前に予約を入れて、漸く1枠確保できました。希望通りの日時は既にうまっていて、空いている枠を提示してもらいました。
f0032812_13114141.jpg
spaの入り口。奥の建物が受付。庭の手入れが行き届いて心地よい空間。
f0032812_13134131.jpg
オイルを選択。どれも素晴らしい香り。かつて経験したバリのスパの中で、ダントツで良い。帰りに購入するつもりだったのに忘れた
f0032812_13213066.jpg
受付のソファから眺める景色。何時間でもぼーっとしていたい雰囲気。
f0032812_13275946.jpg
マッサージを受ける個室への通路。どんどん拡張しているのか迷路のようになっていました。
f0032812_13302002.jpg
二人用の個室。
f0032812_13311582.jpg
私が利用したシングル用の個室。半屋外のナチュラルな造りでシャワーは完全に空の下。
こちらで、90minのIntuitive Heart Massageを受ける。360000ルピア。
途中、雷雨となり激しい雨音を聞きながらマッサージ。マッサージは力が強すぎて痛い。マッサージ台の顔の部分が合わなくて、全圧力が顔にかかる感じ。
顔が痛い、その印象で終わってしまいました。
マッサージ終了後、受付に戻ってジンジャーティをいただいてから、帰りも歩き。
f0032812_13435997.jpg
暑すぎず快適なお散歩。寺院に帰着。
f0032812_13453241.jpg
先ほどの雷雨で川が増水して、濁流になっていました。
f0032812_13464022.jpg
寺院を外から見学しつつ、川べりまで降りてみました。
f0032812_13473220.jpg
チャンプアンブリッジを見上げる。
f0032812_13484424.jpg
手作りの橋がかけられていて、向こう岸まで渡ることができます。
f0032812_13513179.jpg
ジャランラヤウブドに戻ってきました。チャンプアン渓谷の尾根道とスパの組み合わせ、一日がかりになるけれど、日本にはないロケーションでかなりおすすめ。
緑にあふれ、車やバイクの喧噪がない場所というのはかなり貴重かも。
f0032812_14011007.jpg
帰りに、カキアンベーカリーで久しぶりにマンゴータルトを購入。お部屋のバルコニーで午後の紅茶。
f0032812_14025962.jpg
フレッシュマンゴーに厚切りがスライスがたっぷり。マンゴーの下にカスタードクリーム。パイ生地の中はアーモンドプードルとバターを使ってしっとりとした生地。
パイ生地は冷凍パイシートみたいだったけれど、全体的にまとまりがあって美味。価格は28k。

# by sayaya1234 | 2019-01-26 14:09 | バリ旅 Des'15 | Comments(2)

2018年末年始のバリ.12 ウブド day3 Karsa Kafeでランチ

f0032812_15485343.jpg
Karsa Spaに併設のCafe
f0032812_15482788.jpg
1階は蓮池に面している。
f0032812_15510638.jpg
池の上にガゼボもあり。
f0032812_15521385.jpg
田園ビューの2階席を選択。最初、貸し切りだったけれど、後から次々と来店。スパの利用者が多い模様。
f0032812_15544705.jpg
ここのカフェ。広くて窓無しなので、解放感がすごい。何時間でも寛げそう。お店の人も穏やか。
f0032812_15570542.jpg
収穫後なのは残念だけれど、傾斜と広がりがあって田園風景としてはかなり極上。建造物も風景に馴染んでいる。
f0032812_16004353.jpg
ライムミントの生ジュース。25k
f0032812_16014377.jpg
前回も注文したナシゴレン。40k
シンプルな一品。黒米でオーダーしたけれど、間違ったのか白米でした。
他のお客さん会話聞いていると、カレーがかなり美味しいらしい。
こちらでまったりとくつろいでからスパへ。

# by sayaya1234 | 2019-01-21 22:45 | バリ旅 Des.18 | Comments(0)


旅の記録&日々の暮らし


by sayaya1234

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
日々の暮らし
ハワイ Des'17
バリ旅 Des.18
バリ旅 May'17
バリ旅 Des'16 
バリ旅 May'16
バリ旅 Des'15
バリ旅 May'15
バリ旅 Des'14
バリ旅 Jul'13
バリ旅 Oct'09
バリ旅 Sep'08
バリ旅 May'04
バリ旅 Jul'05
バリ旅 '98~'02
シンガポール Des'13
シンガポール Des'10
グアム Feb'12
グアム Sep'10
グアム Feb'10
メキシコ Sep'03
ポートダグラス Feb'05
ケアンズ Mar'02
イタリア Des'07
沖縄 Jul'14
沖縄 Apr'14
沖縄 Jan'13
沖縄 Jul'12
沖縄 Jun'12
沖縄 Jul'11
沖縄 Apr'11
沖縄 Jul'10
北海道 Jul'18
立山黒部アルペンルート Jun'18
宮崎 May'18
信州・高山 Jun'17
軽井沢 Oct'17
軽井沢 Oct'16
軽井沢 Oct'14
軽井沢 Oct'13
軽井沢 Nov'11
雪の青森 Feb'18
青森 Jul'17
青森 Jul'16
富山 Jun'16
東北 Aug'15
由布院 Nov'12
北海道 Jul'12
熊本旅 Des'11
長野旅 Sep'11
日光・鬼怒川 may'11
未分類

タグ

(47)
(27)
(27)
(26)
(25)
(23)
(20)
(15)
(11)
(8)
(7)
(1)

お気に入りブログ

ぴっから~
バリ島大好き
続*はるるん

最新のコメント

バリ島、何を食べても美味..
by umi_bari at 13:43
サヌールの朝のジョギング..
by umi_bari at 13:23
アラックさん こんばん..
by sayaya1234 at 21:20
サヌールもどんどん様変わ..
by umi_bari at 15:37
大晦日のチャックダンス、..
by sayaya1234 at 21:38
良いですね、たまりません..
by umi_bari at 12:21
たーぼさん おはよう..
by sayaya1234 at 09:56
さやさん、カルサスパのリ..
by たーぼ at 17:18
ウブドの開発は進んだとは..
by sayaya1234 at 20:57
ウブドの夜はガムランが響..
by sayaya1234 at 20:55

外部リンク

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
沖縄諸島

画像一覧